バックナンバー

ニュース・お知らせ news & info

ミャンマーでの視察 2017.9

ミャンマーにビジネス環境、海外視察に行きました。
現地では、在ミャンマー、スリランカ大使館を訪問し、スリランカ大使館公使参事官と面談させて頂きました。

 

 

 

 

機関誌に掲載していただきました。 2016.11

平成28年9月にスリランカ・ビジネス視察ツアーの企画・アテンドをさせて頂きました。ご参加頂いたご感想を、一般社団法人ベンチャーエンタープライズセンター 関西支部 様の「VECてんこもり」に掲載して頂きました。

ジャヤワルダナ記念館を訪問 2016.9.22 thu

ジャヤワルダナ元大統領は、1951年、サンフランシスコ講和会議にセイロン(当時の国名)の代表・外務大臣として出席。

仏教の精神・壇上で仏陀の言葉を引用して「増悪は増悪によって止むことなく、愛によって止む、我々は対日賠償請求権を放棄する」と演説されました。このスピーチの原文が展示されています。

またサンフランシスコ講和会議があるアメリカに行く途中日本に立ち寄った大統領は原爆投下の地 広島や戦後復興に向けて頑張る、日本人の姿を目に焼き付けて参加したと言われています。

その時の戦後の日本を見ての心からの願いだったのではないでしょうか。

大の親日家で昭和天皇が亡くなった時は、ご夫妻で国賓として「大喪の礼」に参列されました。また、博物館では来日され時の広島訪問多くの日本人との交流・思い出の品が展示されています。

また、アイバンク(角膜移植)の技術が進んでいるスリランカでは大統領の遺言で、片目はスリランカ、片目は日本の方に移植されたそうです。両目で、スリランカ・日本の未来を見届けたいとのご遺志だったそうです。

博物館は、大統領が幼い時に育った洋館です。ぜひ、スリランカにお越しの際は、お立ち寄り下さい。

 

 

■代表の個人的な思い出■

大統領との思い出は、私が幼いころ、私の大叔父(イギリス出身)が英語の家庭教師をさせて頂いていました。大叔父に手を引かれて、大統領宅に幾度と一緒に連れて行ってもらいました。幼い私に様々なことを教えてくれた事を昨日の事のように思い出します。

 

 

スリランカ ビジネスセミナー 2016.9.5 mon

主催:スリランカ大使館

共催:大阪商工会議所

講演:スリランカ大使館 公使参事官(商務担当)Mr. D.D.プレマラトナ氏
(株)ノジリインターナショナルトレイド 代表取締役 LAD PALITHA

 

 

スリランカ大統領と会談 2016.5.27 fri

5月26、27日に開催された主要7カ国(G7)首脳会議(伊勢志摩サミット)で行われた拡大会合に招待され来日中だった、現職の第7代スリランカ大統領 Maithripala Sirisena (マトリーパーラ・シリセーナ氏) と会談しました。

(左) ラッド・パリタ
(右) マトリーパーラ・シリセーナ大統領

(左) 在日スリランカ大使館公使参事官(商務担当)
(中央) ラッド・パリタ
(右) スリランカ国 財務大臣

オーダーメイド&リフォームジュエリー ノジリ スリランカ不動産